代表的な不安・こころの痛み

当院は予約優先です。

ご予約がない方も来院前にお電話をお願いします。

所在地/〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1丁目1-2 シティモール4F

アクセス/小田急線「新百合ヶ丘駅」 北口  徒歩約1分 駅前デッキ直結

ご予約・​お問い合わせ

044-712-8100

© Shin-yurigaoka Smile Mental Clinic. ALL RIGHTS RESERVED.

クリニック紹介

院長業績(論文・学会発表)

論文

査読論文

  1. 「鮮明で残酷なイメージが頭に見える」との視覚表象を発症初期の主症状とした精神分裂病の1症例:仮性幻覚の精神病理的考察
    井上由美子、碓氷章、神庭重信
    臨床精神医学30 : 1375-1383, 2001
     

  2. Deficiency of theory of mind in patients with remitted mood disorder
    Yumiko Inoue1, Yuji Tonooka1, Kazuo Yamada1 and Shigenobu Kanba1, 2 
    1) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medicine and Engineering, Yamanashi University
    2) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences,Kyushu University
    Journal of Affective Disorder 82: 403-409, 2004
     

  3. Deficiency of theory of mind in patients with remitted schizophrenia
    Y. Inoue a, K. Yamada a, M. Hirano a, M. Shinohara a,T. Tamaoki a, H. Iguchi a, Y. Tonooka a, and S. Kanba a, b
    a) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medicine and Engineering, Yamanashi University
    b) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences Kyushu University
    European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, 406: 608-610, 2006
     

  4. Deficit in Theory of Mind is a Risk for Relapse of Depression
    Yumiko Inoue, MD 1, Kazuo Yamada, MD, PhD 2,Shigenobu Kanba, MD, PhD 3
    1)Department of Psychiatry, Inogashira Hospital
    2)Department of Psychiatry, Tokyo women’s Medical University, Medical Center East
    3) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences,Kyushu University
    Journal of Affective Disorder, 95: 125-127, 2006
     

  5. Assessment of the dexamethasone/CRH test as a state-dependent marker for hypothalamic-pituitary-adrenal (HPA) axis abnormalities in major depressive episode: A multicenter study
    Hiroshi Kunugi(1,A), Itsuro Ida(2), Toshimi Owashi(3), Mahito Kimura(4),Yumiko Inoue(5), Shin Nakagawa(6), Takafumi Yabana(7), Takako rushibara(1), Rie Kanai(1), Masako Aihara(2), Naoya Yuuki(2), Tempei Otubo(3), Akihiko Oshima(3, B), Kotaro Kudo(5,C),Takeshi Inoue(6), Yuji Kitaichi(6), Osamu Shirakawa(8), Koichi Isogawa(9), Haruo Nagayama(9), Kunitoshi amijima(3),Shinichiro Nanko(1), Shigenobu Kanba(5,D), Teruhiko Higuchi(7,E), Masahiko Mikuni(2)
    1) Department of Psychiatry, Teikyo University, School of Medicine
    2) Department of Psychiatry and Human Behavior, Gunma University Graduate School of Medicine
    3) Departement of Psychiatry, Showa University School of Medicine
    4) Department of Neuropsychiatry, Nippon Medical School
    5) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medicine and Engineering, Yamanashi University
    6) Department of Psychiatry, Neural Function, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    7) Department of Psychiatry, NCNP Kohnodai Hospital
    8) Division of Psychiatry and Neurology, Department of Environmental Health and Safety, Kobe University Graduate School of Medicine
    9) Department of Neuropsychiatry, Oita University Faculty of Medicine
        Currently:
    A) Department of Mental Disorder Research, NCNP National Institute ofNeuroscience
    B) Department of Psychiatry and Human Behavior, Gunma University Graduate School of Medicine
    C) Department of Psychiatry, NCNP Musashi Hospital
    D) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences,Kyushu University
    E) NCNP Musashi Hospital
    Neuropsychopharmacology 31 (1): 212-220, 2006
     

  6. Deficiency of theory of mind in ‘revolving-door’ patients with schizophrenia.
    Yumiko Inoue 1, Kazuo Yamada 2, Ryoji Miyata 3, Yasuo Fujii 3 and Shigenobu Kanba 4
    1) Department of Psychiatry, Inogashira Hospital
    2) Department of Psychiatry, Tokyo women’s Medical University, Medical Center East
    3) Department of Psychiatry, Yamanashi Prefectural Kita Hospital, Japan.
    4) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences,Kyushu University
    (投稿中)
     

  7. Deficiency of theory of mind and insight patients with schizophrenia.
    Yumiko Inoue 1, Kazuo Yamada 2, Ryoji Miyata 3, Yasuo Fujii 3 and Shigenobu Kanba 4
    1) Department of Psychiatry, Inogashira Hospital
    2) Department of Psychiatry, Tokyo women’s Medical University.
    3) Department of Psychiatry, Yamanashi Prefectural Kita Hospital, Japan.
    4) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences,Kyushu University
    (投稿中)
     

  8. Deficit of theory of mind in depression and poor outcomes
    Shigenobu Kanba, MD, PhD1, Kazuo Yamada, MD, PhD 2, Yumiko Inoue, MD, PhD3
    1)Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences,Kyushu University 
    2)Department of Psychiatry, Tokyo women’s Medical University, Medical Center East
    3)Department of Psychiatry, Inogashira Hospital         
    Metacognition and Severe Adult Mental Disorders( From research to treatment) Routledge:chapter9:150-160, 2010
     

  9. Deficit in Theory of Mind is a Risk for Relapse of Major Depressive Disorder
    Kazuo Yamada, MD, PhD 1, Yumiko Inoue, MD, PhD , Shigenobu Kanba, MD, PhD
    1) Department of Psychiatry, Tokyo women’s Medical University.
    2) Department of Psychiatry, Inogashira Hospital
    3) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences,Kyushu University
    Psychiatry Research 230: 604-608, 2016

寄稿論文

  1. 社会脳 (Social Brain)
    井上由美子、山田和男、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究精神神経医学
    分子精神医学 4 : 1-6, 2004
     

  2. 「社会脳」と「心の理論」(Social brain and Theory of mind ( ToM ))
    井上由美子、山田和男、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究精神神経医学
    分子精神医学 4 : 7-11, 2004

学会発表

国際会議

  1. Deficiency of theory of mind in patients with remitted schizophrenia
    Y. Inouea, K. Yamadaa, M. Hiranoa, M. Shinoharaa, T. Tamaokia, H. Iguchia, Y. Tonookaa, and S. Kanba a, b,
    a Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi, Japan.
    b Department of Psychiatry, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan.
    International Congress of biological Psychiatry Organized by World federation of societies of Biological Psychiatry, 2004/02/12 ( Wedendsday), Sydny, Austraria
     

  2. Deficiency of theory of mind in patients with remitted mood disorder
    Yumiko Inouea, Yuji Tonookaa, Kazuo Yamadaa, Shigenobu Kanba a, b,
    a Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi, Yamanashi, Japan
    b Department of Psychiatry Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan
    International Congress of biological Psychiatry Organized by World federation of societies of Biological Psychiatry, 2004/02/12 ( Wedendsday),Sydny, Austraria
     

  3. Deficiency of theory of mind found in remitted depression: Practical implication
    Yumiko INOUEa, Kazuo YAMADAa ,Shigenobu KANBAb,
    a Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi, Yamanashi, Japan
    b Department of Psychiatry Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan
    13th Associations of European Psychiatrists, 2005/04/05 (Tuesday), Munich, Germany
     

  4. Deficit in theory of mind is a risk for relapse of major depression
    Yumiko Inoue, MD 1, Kazuo Yamada, MD, PhD 2,Shigenobu Kanba, MD, PhD 3
    1) Department of Psychiatry, Inogashira Hospital
    2) Department of Psychiatry, Tokyo women’s Medical University, Medical Center East
    3) Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences,Kyushu University
    Cultural and Adaptive Bases of Human Sociality, September 9-10, 2006 Tokyo, Japan

  5. Deficiency of theory of mind in ‘revolving-door’ patients with schizophrenia
    Yumiko Inoue a , Kazuo Yamada a ,Ryoji Miyata b, Yasuo Fujii b and Shigenobu Kanba c,
    a Department of Psychiatry, Tokyo Women’s Medical University, Medical Center East, 2-1-10, Nishi-ogu, Arakawa-ku, Tokyo, 116-8567, Japan.  
    b Department of Psychiatry, Yamanashi Prefectural Kita Hospital, 3314-13, Kamijyo-minamiwarishita, Asahi-machi, Nirasaki-city, Yamanashi, 407-0046, Japan.  
    c Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, 3-1-1, Maidashi, Higashi-ku, Fukuoka-city, Fukuoka, 812-8582, Japan.  
    The 20th Annual Meeting ofthe Human Behavior and Evolution Society will be held June 4-8, 2008 Kyoto, Japan  
     

  6. Effectiveness of aripiprazole oral solution for delirium:a case report
    Tsuyoto Harada a, Yumiko Inoue a, kazuo Yamada a, Jun Ishigooka b
    a Tokyo Women’s medical university medical center east
    b Tokyo Women’s medical university
    The 1st meeting of the Asian college of neuropsychopharmacology 13-15, 2009 Kyoto, Japan

国内学会・発表

  1. 脳器質性変化によると思われる認知障害が治療に影響を与えた老年期うつ病の一例
    井上由美子、竹内潤一、塩江邦彦、神庭重信
    山梨医科大学精神神経科
    第7回山梨県精神科医会症例検討会、第4回うつ病の薬物療法フォーラム2000年、12月1日(木)、甲府
     

  2. 「鮮明で残酷なイメージが頭に見える」との視覚表象を発症初期の主症状とした精神分裂病の1症例:仮性幻覚の精神病理的考察
    井上由美子、碓氷章、久保田正春、神庭重信
    山梨医科大学精神神経科
    第9回山梨県精神科医会症例検討会、2001年、11月1日(水)、甲府
     

  3. Haloperidolとolanzapineの併用によりhaloperidol血漿中濃度が異常高値を示した一症例.:肝薬物代謝酵素の遺伝子多型からの考察
    井上由美子、竹内潤一、久保田正春、塩江邦彦、神庭重信
    山梨医科大学精神神経科
    第12回日本臨床精神神経薬理学会、2002年10月1日(金)、新潟
     

  4. うつ病回復期における“社会脳(social brain)”機能評価
    井上由美子、山田和男、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医学
    第23回日本精神科診断学会、2003年10月30日(木)、宇都宮
     

  5. うつ病回復期における“社会脳(social brain)”機能評価
    井上由美子、山田和男、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医学
    第1回social brain研究会、2003年12月14日(土)、東京
     

  6. 寛解期の統合失調症患者における「心の理論(ToM)」能力の欠損
    井上由美子、山田和男、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医学
    第100回日本神経学会総会、2004年5月22日(金)、札幌
     

  7. Milnacipranが奏功した月経前不快気分障害の2例
    山田和男、井上由美子、井口博登、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医学
    第100回日本神経学会総会、2004年5月22日(木)、札幌
     

  8. デキサメタゾン・CRH負荷試験を用いた大うつ病性障害の予後予測に関する多施設共同研究(第2報)
    神庭重信B)、五十川浩一A)、相原雅子C)、井田逸朗C)、大嶋明彦C)、間島竹彦C)、三國雅彦C)、結城直也C)、白川治D)、矢花孝文E)、功刀浩F)、工藤耕太郎G)、樋口輝彦G)、大坪天平H)、尾鷲登志美H)、上島国利H)、漆原貴子I)、南光進一郎I)、木村真人J)、井上 猛K)、北市雄士K)、中川伸K)、井上由美子L)
    A) 大分医科大学精神科  
    B) 九州大学精神科  
    C) 群馬大学精神科  
    D) 神戸大学精神科  
    E) 国立精神・神経センター国府台病院  
    F) 国立精神・神経センター神経研究所  
    G) 国立精神・神経センター武蔵病院  
    H) 昭和大学精神科  
    I) 帝京大学精神科  
    J) 日本医科大学付属千葉北総病院メンタルヘルス科  
    K) 北海道大学精神科  
    L) 山梨大学精神科
    2004年6月11日(金)、群馬大学
     

  9. 寛解期の気分障害患者における「心の理論(theory of mind)」能力の欠損と社会機能、対人関係能力の評価
    井上由美子1)、山田和男1)、神庭重信2)
    1)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医
    2)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第1回うつ病学会、2004年7月3日(土)、東京
     

  10. うつ病回復期における“社会脳(social brain)”機能評価
    井上由美子1)、山田和男1)、神庭重信2)
    1)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医
    2)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第26回日本生物学的精神医学会、2004年7月16日(金)、東京
     

  11. 摂食障害患者における「心の理論(theory of mind)」能力の特徴
    井上由美子1)、山田和男1)、神庭重信2)
    1)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医
    2)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第24回日本精神科診断学会、2004年11月6日(土)、大阪
     

  12. 寛解期、統合失調症患者における「心の理論(theory of mind)」能力と「病識」    
    井上由美子a)、山田和男a)、宮田量治b)、藤井康男b)、神庭重信c)
    a)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医学
    b)山梨県立北病院
    c)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第101回日本精神神経学会総会、2005年5月19日(木)、大宮
     

  13. 回転ドア統合失調症患者における「心の理論(ToM)」能力の特徴
    井上由美子a)、山田和男a)、宮田量治b)、藤井康男b)、神庭重信c)
    a)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医学
    b)山梨県立北病院
    c)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第101回日本精神神経学会総会、2005年5月19日(木)、大宮
     

  14. 寛解期の気分障害患者における「心の理論(theory of mind)」能力の欠損と社会機能、対人関係能力の評価
    井上由美子1)、山田和男1)、本橋伸高1)、神庭重信2)
    1)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医
    2)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第24回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会、2005年6月6日(火)、熱海
     

  15. 境界性パーソナリティ障害患者における「心の理論(theory of mind)」能力の特徴
    井上由美子1)、山田和男1)、本橋伸高1)、神庭重信2)
    1)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医
    2)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第27回日本生物学的精神医学会、2005年7月8日(金)、大阪
     

  16. 治療抵抗性疼痛性障害患者に対するリスペリドン増強療法の効果
    山田和男1)2)、井川雅子2)3)、井上由美子4)、池内忍3)、吉増克實1)、石郷岡純5)
    1)東京女子医科大学東医療センター心の医療科(精神科)
    2)清水市立清水病院OFC(口腔顔面痛)外来
    3)静岡市立清水病院口腔外科
    4)山梨大学大学院医学工学総合教育部(精神神経医学)
    5)東京女子医科大学精神医学教室
    第15回日本臨床精神神経薬理学会、2005年10月12日(木)、東京
     

  17. 大うつ病性障害患者の寛解期における「心の理論(ToM)」能力の欠損と、1年後の社会機能的・対人関係能力的予後との関連
    井上由美子1)、山田和男2)、本橋伸高3)、石郷岡純4)、神庭重信5)
    1)財団法人 井之頭病院
    2)東京女子医科大学東医療センター心の医療科(精神科)
    3)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医
    4)東京女子医科大学精神医学教室
    5)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第102回日本精神神経学会総会、2006年5月13日(土)、博多
     

  18. 大うつ病性障害患者の寛解期における「心の理論(ToM)(theory of mind)」能力の欠損と、1年後の社会機能との関連
    井上由美子1)、山田和男2)、本橋伸高3)、石郷岡純4)、神庭重信5)
    1)財団法人 井之頭病院
    2)東京女子医科大学東医療センター心の医療科(精神科)
    3)山梨大学大学院医学工学総合研究部精神神経医
    4)東京女子医科大学精神医学教室
    5)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第3回うつ病学会、2006年7月28日(金)、東京
    (日本うつ病学会 第1回 学会奨励賞受賞演題にエントリー)​​
     

  19. 統合失調症における妄想の性別的特性
    植村智子1)、井上由美子1)2)、山田和男3)、菊池健1)、神庭重信4)
    1)公益財団法人 井之頭病院
    2)新百合ヶ丘スマイルメンタルクリニック
    3)東北医科薬科大学病院
    4)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第115回日本精神神経学会学術総会、2019年6月21日(金)、新潟

国内学会・シンポジスト

  1. 気分障害と心の理論(theory of mind)
    井上由美子a、山田和男a、神庭重信b
    a東京女子医科大学東医療センター心の医療科
    b九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    第10回認知機能研究会、2010年11月7日(土)、東京

​総説
  1. シンガポールの精神医学
    井上由美子
    山梨大学大学院医学工学総合研究精神神経医学
    臨床精神神医 31、801-802、2002
     

  2. 精神1 躁うつ病、躁病の診断
    井上由美子、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究精神神経医学
    最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC、最新医学社、東京、978-986、2003
     

  3. 「心の理論」ToM(theory of mind)
    井上由美子、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究精神神経医学
    臨床精神医学 32、590、 2003
     

  4. 社会脳(socialbrain)
    井上由美子、山田和男、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究精神神経医
    臨床精神神医 34、385-387、2005
     

  5. 前頭前野と心理的相互交流
    井上由美子、山田和男、神庭重信
    山梨大学大学院医学工学総合研究精神神経医学
    CLINICAL NEUROSCIENCE 23 : 645-647, 2005
     

  6. 気分障害と心の理論(theory of mind)
    井上由美子a、山田和男b、神庭重信c
    a井之頭病院
    b東京女子医科大学東医療センター心の医療科
    c九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    臨床精神医学 36(8)、981-986、2007
     

  7. 統合失調症と心の理論(theory of mind)
    井上由美子a、山田和男b、神庭重信c
    a財団法人 井之頭病院
    b東京女子医科大学東医療センター心の医療科
    c九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    Schizophrenia Frontier
     

  8. 社会脳(socialbrain)と心の理論(theory of mind)
    井上由美子a、山田和男a、神庭重信b
    a東京女子医科大学東医療センター心の医療科
    b九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    精神医学 51(3)、243-249、2009

著書

分担執筆

  1. カプラン精神科薬物ハンドブック(第3版)神庭重信、山田和男監訳
    井上由美子分担
    山梨大学大学院医学工学総合研究精神神経医学
    メヂカル・サイエンス・インターナショナル、東京、ⅲ-xxⅴiii、2003
     

  2. カプラン精神科薬物ハンドブック(第4版)神庭重信、山田和男監訳
    井上由美子分担
    財団法人 井之頭病院
    メヂカル・サイエンス・インターナショナル、東京、ⅲ-xxⅴiii、2007
     

  3. 社会脳 (social brain)
    井上由美子a、山田和男b、神庭重信c
    a財団法人 井之頭病院
    b東京女子医科大学東医療センター心の医療科
    c九州大学大学院医学研究院精神病態医学
    先端医学社、東京、第4版、68、2007
     

  4. カプラン精神科薬物ハンドブック(第5版)神庭重信、山田和男監訳
    井上由美子分担
    財団法人 井之頭病院
    メヂカル・サイエンス・インターナショナル、東京、ⅲ-xxⅴiii、2015